衣類を保管するならトランクルームのキュラーズがおすすめ!

押し入れやクローゼットの中がもので溢れかえってどうしようもない…でも大切な着物や洋服、コートなんかは捨てることができない…そんな風に悩んでいませんか?

 

おねーさん
あれもこれも、捨てたくないけど、押し入れに入り切らない…

 

押入れの広さには限りがあります。それを超えてしますと部屋中にものが溢れかえって、たいへんなことになります。

せっかく高い家賃を払って部屋を借りているのに、ゆったりできるスペースが無くなるのは最悪ですね。

 

れいじくん
ふふふ、そんなときこそトランクルームだね

 

こんなときはトランクルームを利用するのが1番。家とは違う場所に新しい押し入れを持つことができるトランクルームは、都内を中心に注目されているサービスです。

特に圧倒的な施設管理力がある「キュラーズ」を利用すれば、自宅の押し入れよりも良い環境保管できます

この記事では、キュラーズが最適な理由と収納サイズ、注意点を解説していきます。

主役は「キュラーズ」

WEBなら30秒でカンタンに予約できます

● 2週間先まで予約OK ● 予約後の変更もOK

 

キュラーズは衣類の保管に最適なトランクルーム

ビル全館がトランクルームになっているキュラーズ

数あるトランクルームの中でも、衣類の保管に関してはキュラーズがダントツ。

その理由は清潔度の高さや、温湿度管理がビル全館でされているため、衣類を保管しておくのに最適な環境が整っているためです。

キュラーズはキレイな環境

出典:キュラーズ公式HPより

おねーさん
え!?いままでのトランクルームのイメージとはぜんぜん違う!

衣類はデリケート

トランクルームに保管する衣類の素材はデリケート

定番の家具や電化製品、アウトドア用品に次いでトランクルームに預けられているのが衣類。

そして、衣類は家具や電化製品などと比べて、保管環境に左右される非常にデリケートな素材です。

 

おねーさん
あっ…確かに押し入れに入れておくと服にカビが生えたりするって聞くよ
れいじくん
ちゃんと保管環境がしっかりしていないとカビが生えちゃったりしちゃうんだよね

 

衣類は環境が悪いとカビが生えてしまうことがあります。

保管が心配な衣類
  • 毛皮のコート
  • ウール・カシミヤなど天然素材
  • スーツ
  • 和服・着物
  • アニメの衣装など

衣類の中でも、こういった素材はカビが生えやすくなります。

他にもトランクルームに保管する衣類

  • 冠婚葬祭で着用するスーツ
  • 七五三で着る着物
  • 成人式の振り袖やパーティードレス
  • タキシード
  • 来客用の布団など
れいじくん
このあたりの衣類もトランクルームに保管する定番ですね

カビが生える湿度

具体的な数値としては

カビがすごく生える湿度カビが生える湿度
85%以上65%以上

基本的に日本は湿度が高い国です。そのためかなり設備をしっかりしない限り65%以下に維持することは難しいのが現実です。

多くの屋内型トランクルームを運営している会社では、ビルの一角がトランクルームになっていることが多く、湿度を管理するにも限界がありました。

しかし、キュラーズではビル全館がトランクルームになっているため、徹底した湿度管理が可能になっています。

 

 

過去3年間95%以上の店舗において、湿度平均60%以下を実現

キュラーズ公式HPより

 

おねーさん
これはすごい!!保管環境としては最高だね!

トランクルームは屋内型の一択

衣類の保管は屋内型トランクルームが最適

トランクルームには大きく分けてビルの一角に入っている屋内型トランクルーム、外にコンテナで置いてある屋外型トランクルーム、宅配で保管される倉庫型トランクルームの3つがあります。

トランクルームの種類こんなの
屋内型トランクルームビルの一角、もしくはビル全館。またはロッカールームタイプの屋内に設置されたトランクルーム。
屋外型トランクルーム外にコンテナとして設置されたよく見かけるトランクルーム。
倉庫型トランクルーム宅配タイプのトランクルームで運搬された荷物を置いておく倉庫型のトランクルーム。

 

衣類を保管する目的の場合は、屋内型トランクルームがおすすめ

それは

  • ビル内にあるため、外気の影響を受けにくい
  • 直射日光が当たらないため、温度が安定しやすい
  • 空調設備があり、湿度をコントロールできる
  • 空気の出入り口があり、空気が巡回しやすい

この4つが大きな理由です。

 

れいじくん
屋内型トランクルームが最も保管環境がしっかりしてるんだね

 

屋外型トランクルームは、外に設置してあるため

  • 空調設備がない
  • コンテナ内の温度変化が激しい
  • 結露ができやすい

この3つの要因があるため、衣類を保管するのにはおすすめできません。

また倉庫型トランクルームの場合、常温常湿環境であることが多いため、屋内型トランクルームの方が設備が整っています。

 

れいじくん
屋内型トランクルームはまさにデリケートな素材を保管しておくためにあるような施設ですね

キュラーズが最適な理由

キュラーズの衣類保管は最強

屋内型トランクルームを運営している会社は数多くあります。その中でもキュラーズがなぜ最適なのか?

それは、ビル全館がトランクルームになっている。これにつきます。

通常のトランクルームはビルの一角が多く、室内環境を整えるには限界があります。しかし、キュラーズはビル全館をトランクルームにすることで、大規模な空調システムの導入やモニタリングシステムで、常時高いレベルの保管環境を維持しています。

キュラーズが最適な理由は

  1. 最新空調システムで湿度60%以下を維持
  2. モニタリングシステムで保管環境を監視
  3. 室温コントロールで結露を防止

この3つの理由からです。

衣類を収納する際の目安

衣類を収納する際のトランクルームのサイズ

いざトランクルームを利用しようと思っても、どれくらいのサイズを借りれば良いのかが気になるところですよね。

キュラーズでは、予約を取ってトランクルームを見学することができます。実際に目で見るのが1番です。

WEBなら30秒でカンタンに予約できます

● 2週間先まで予約OK ● 予約後の変更もOK

とは言っても、いきなり見学に行けっていうのは強引すぎましたね。

キュラーズの公式ページで書いてある収容サイズから計算して、どれくらい衣類が収納できるかを計算していきます。

 

おねーさん
どのサイズのトランクルームにどれだけの衣類が入るのだろうか?

キュラーズのトランクルームサイズ

トランクルームに入るダンボールの数

キュラーズのトランクルームサイズと収納可能なダンボール箱数を表した表になります。

※段ボールサイズは横50cm×高さ40cm×奥行30cm

サイズ段ボール数
BOXタイプ6個
0.5畳24個
0.7畳33個
0.8畳38個
1.0畳48個
1.3畳62個
1.6畳72個
2.0畳96個
2.5畳120個
3.3畳156個
4.0畳192個

1畳でも48個の段ボールが入りますので、かなりの量の衣類を保管できますね。

トランクルームのサイズがわかりやすい動画

 

れいじくん
思ったよりも収納できそうな気がする!

段ボールに入る衣類の量

段ボールに入る衣類

段ボールがいくつ入るかはわかりましたね。次はその段ボールにどれだけ衣類がはいるかです。

衣類と言ってもいろいろと種類がありますよね。

今回の段ボールは50×40×30なので120サイズになります。このサイズですと一箱あたりの入る枚数は

服の種類入る枚数
Tシャツ30枚くらい
長袖シャツ20枚くらい
コート・アウター6枚くらい

これくらいになります。

まとめると

サイズTシャツ長 袖コート
アウター
BOXタイプ180枚120枚36枚
0.5畳720枚480枚144枚
0.7畳990枚660枚198枚
0.8畳1140枚760枚228枚
1.0畳1440枚960枚288枚
1.3畳1860枚1240枚372枚
1.6畳2160枚1440枚432枚
2.0畳2880枚1920枚576枚
2.5畳3600枚2400枚720枚
3.3畳4680枚3120枚936枚
4.0畳5760枚3840枚1152枚

衣類だけ保管したい場合は0.5~1.0畳あたりで対応できそうですね。

 

おねーさん
こんなにも入っちゃうんだね♪
れいじくん
衣類だけを入れる場合はたくさんはいるけど、通常は他の荷物も入れる場合が多いよね

 

通常、トランクルームを利用するサイズの目安は

お住まいトランクルームのサイズ
ワンルーム・1DK~1.6畳
2K~2DK2畳~3.3畳
3DK~5畳~

これくらいになります。

長々と計算した表を見せてきましたが、百聞は一見にしかずです!少しでも気になったら店舗見学をおすすめします。

WEBなら30秒でカンタンに予約できます

● 2週間先まで予約OK ● 予約後の変更もOK

おねーさん
ウェブからカンタンに見学予約できるのは嬉しいね

衣類を保管する際に気をつけるポイント

衣類をトランクルームに保管する場合、ほとんどの方は長期保管を考えていますよね?

 

おねーさん
たしかに、衣替えのときに出す服もあるけど、一年以上着ない服も出てくるかもしれない…

 

このように長期間保管する場合は、事前準備と収納グッズを用意しておくことがポイントです。

衣類を長期保管するための事前準備

事前準備がなぜ大切かと言うと、しっかりと汚れを落としたり、水分をとったりしておかないと、いくら保管環境が良くてもカビが生えてしまうことがあります。

大切
事前準備とは、衣類をキレイな状態でずーっと保管していくために必要なひと手間です。

クリーニングに出して汚れを落とす

保管する衣類はなるべくクリーニングに出しておきましょう。特にコートやスーツなどはカビが生えやすく、汚れている可能性が高いので保管する前に必ずクリーニングに出すようにしましょう。

服をしっかり乾かす

衣類は水分を含みやすい素材です。生乾きで収納してしまうとカビが生えやすくなってしまいます。できる限り雨の日は避けてトランクルームに保管するようにしましょう。

丁寧にたたむ

言わずもがなですね。長期間保管するのでたたみジワが無いように衣類をたたみましょう。

参考 「収納のプロ直伝」シワなし! 無駄なし! 美しい衣類のたたみ方The 360.life

 

れいじくん
これ以外にも着物やタキシード、ドレスなどは、正しく保管するようにしましょう。

 

衣類を効率よく保管する収納グッズ

衣類を収納する際に、段ボールよりも衣装ケースやハンガー掛けを使用して効率よく収納しましょう。

 

おねーさん
通気性がいい衣装ケースとかってあるのかな?
れいじくん
通気性の良い不織布を使った衣装ケースやスーツカバーがあるよ

 

便利な収納グッズ
  • 衣装ケース(不織布)
  • 衣類カバー(不織布)
  • ハンガー掛けラック
  • 静電気除去ブラシ(ほこり取り)

このあたりを用意しておくとスムーズにトランクルームを利用できますね。

キュラーズのレンタル棚

ちなみにキュラーズではレンタルラック(月額1,000円)があります。

出典:キュラーズ公式HPより

こちらのラックを利用できるのは

Sタイプ:0.4畳~ Mタイプ:0.8畳~

となっています。キュラーズのトランクルームは高さが2m以上ありますので、有効活用してくださいね。

こちらのラック棚は「WEBからの利用申込」でも選択することができます。

スターターキットの変更の部分で、レンタルラックを追加することができます。

ぼくとしてはいきなり利用申込をするよりも、一度見学に行ってレンタルタックの大きさなどをしっかりと確認したほうが間違いがないです。

WEBなら30秒でカンタンに予約できます

● 2週間先まで予約OK ● 予約後の変更もOK

キュラーズで衣類を保管する:まとめ

キュラーズはビル全館がトランクルームになった屋内型最強のトランクルームです。

ビルの一角では対応が非常に難しかった湿度管理も、最新の空調システムによりカビが発生しない湿度60%以下に維持しています。

こういったハイレベルな環境設備があるキュラーズこそ、大切な衣類を保管しておくのに最適と言えます。

 

おねーさん
入り切らなかった衣類をこんな素敵な環境に預けることができてスッキリ!!

 

キュラーズでは、トランクルームに常駐スタッフがいます。そのため予約さえすればトランクルーム内を見学することが可能です。

気になったかたは、ぜひ一度見学しに行って見てくださいね。

WEBなら30秒でカンタンに予約できます

● 2週間先まで予約OK ● 予約後の変更もOK